はじめに

このサイトをご覧になる皆さんは、HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス)に感染しているかもしれないと思った方、もしくはHTLV-1に感染していることがわかった方ではないでしょうか。

HTLV-1に感染していても、必ずしも病気を発症するとは限りません。また、HTLV-1は空気感染しませんので、正しく理解すればこれまで通りの生活を送ることができます。

このHTLV-1情報サービスでは、HTLV-1に関する基本的な情報をまとめました。このサイトが皆さんの疑問や不安を少しでも軽減できる助けになれば幸いです。

 

HTLV-1とは

HTLV-1とは、ヒトT細胞白血病ウイルス(Human T-cell Leukemia Virus Type 1)の略称で、血液中の白血球のひとつであるリンパ球に感染するウイルスです。

HTLV-1が発見されたのは1980年と比較的最近ですが、このウイルス自体は古くから人類と共存してきたものです。日本では縄文時代より前からHTLV-1の感染があったといわれています。

現在、日本に約108万人前後、世界で推定3000万人以上の感染者がいるといわれています。 このウイルスは、インフルエンザウイルス等とは異なり、感染しても全く自覚症状がありませんが、一度感染するとリンパ球の中で生き続け、感染者のごく一部の方に病気を起こします。


感染により発症する病気

HTLV-1に感染していても約95%の方は生涯病気になることはありません。
しかし、一部の方はATL(エーティーエル)といわれる血液の病気や、HAM(ハム)といわれる神経の病気、またはHU(エイチユー)といわれる眼の病気などを発症する場合があります。それぞれの病気について、このサイトでは解説しておりますのでご参照ください。

ATLについて

HAMについて

HUについて



 

イベント情報 Q&A 用語の解説 説明資料のダウンロード 相談窓口サイトの運営者 利用規約 関連リンク 本サイトへの掲載依頼公的支援