Q&A

HTLV-1に関する情報Q&A―83個の質問に専門医が答えました―

目次
1. HTLV-1について[Q1~Q3]
2. ウイルスの検査について[Q4~Q6
3. HTLV-1の感染について[Q7~Q13]
4. 感染予防について[Q14~Q17]
5. キャリアについて[Q18~Q30]
6. 妊婦健診でのHTLV-1抗体検査について[Q31~Q36]
7. 母子感染と感染予防について[Q37~Q40
8. 妊婦がキャリアの場合の授乳方法について[Q41~Q54]
9. キャリアの子どもについて[Q55~Q62]
10. 乳幼児期のキャリア児の管理について[Q63~Q68]
11. HTLV-1によっておこる病気について(ATL、HAM、HU)[Q69~Q82]
12. 患者会やキャリアの会について[Q83]


10 . 乳幼児期のキャリア児の管理について
Q63:日常生活を送る上で、気を付けることはありますか
Q64:キャリアとなった子どもから兄弟姉妹への感染はありませんか
Q65:感染の予防に関して、母乳以外で何か気を付けることがありますか
Q66:子どもが保育園や幼稚園、入学などを断られることはありませんか

Q67:子どもがキャリアですが予防接種はどうしたらよいですか
Q68:前回妊娠時には検査を受けなかったのですが、今回の検査でHTLV-1感染が判明しました。上の子は母乳で育てましたが心配はないでしょうか

 


Q63:日常生活を送る上で、気を付けることはありますか
 
A:特別なものはありません。普通のお子さんと同じです。


Q64:キャリアとなった子どもから兄弟姉妹への感染はありませんか

A:
このウイルスの感染にはキャリアの持つ感染リンパ球が生きたままかなり大量に他の人の体に入ることが必要であり、母子感染以外の感染経路としては、輸血と性交以外には知られていません。従って、兄弟姉妹間の接触では感染しません。同じ理由で、保育所、幼稚園、プール、お風呂などでも感染することはありません。


Q65:感染の予防に関して、母乳以外で何か気を付けることがありますか

A:母乳以外に特別な対応は全く必要ありません。このウイルス感染細胞は乾燥・熱・洗剤で簡単に死にます。このため、衣服、食器、寝具などを通じて感染することはありません。また、咳やくしゃみなどの飛沫感染もありませんし、キスや唾液を通じて感染することもありません。


Q66:子どもが保育園や幼稚園、入学などを断られることはありませんか

A:
日常生活において、他人に感染することはありませんので、HTLV-1に感染していることを申告する義務もありませんし、HTLV-1に感染していることを理由に入園・入学などを断ることはできません。もし何か誤解を生じてトラブルになってしまったときは、お近くの保健所などの相談窓口へご相談ください。


Q67:子どもがキャリアですが予防接種はどうしたらよいですか

A:
通常どおり接種してかまいません。


Q68:前回妊娠時には検査を受けなかったのですが、今回の検査でHTLV-1感染が判明しました。上の子は母乳で育てましたが心配はないでしょうか

A:
上のお子さんは感染している可能性があります。もし、ご心配ならHTLV-1抗体検査を受けることができます。HTLV-1キャリアであっても小児期は特段の心配がありません。HTLV-1検査を受けることのメリット、デメリットを十分に考えてから検査を受けるか判断しましょう。3歳以上で、検査の結果が陰性なら感染していません。もし、まだ3歳になっていないようでしたら、3歳まで待つ必要があります。感染の有無は3歳以後に判定できます。

目次に戻る

 

イベント情報 Q&A 用語の解説 説明資料のダウンロード 相談窓口サイトの運営者 利用規約 関連リンク 本サイトへの掲載依頼公的支援