Q&A

HTLV-1に関する情報Q&A―83個の質問に専門医が答えました―

目次
1. HTLV-1について[Q1~Q3]
2. ウイルスの検査について[Q4~Q6
3. HTLV-1の感染について[Q7~Q13]
4. 感染予防について[Q14~Q17]
5. キャリアについて[Q18~Q30]
6. 妊婦健診でのHTLV-1抗体検査について[Q31~Q36]
7. 母子感染と感染予防について[Q37~Q40
8. 妊婦がキャリアの場合の授乳方法について[Q41~Q54]
9. キャリアの子どもについて[Q55~Q62]
10. 乳幼児期のキャリア児の管理について[Q63~Q68]
11. HTLV-1によっておこる病気について(ATL、HAM、HU)[Q69~Q82]
12. 患者会やキャリアの会について[Q83]


4. 感染予防について感染について
Q14:どうしたら感染を防ぐことができますか
Q15:夫(妻、パートナー)がキャリアです。性行為でも感染すると聞きましたが、感染を防ぐことはできますか。また子どもをつくることはできますか
Q16:白血病(ATL)の発症率が高くないのに、なぜ予防が必要なのですか
Q17:以前、輸血を受けたことがあります。感染している可能性はありますか

 


Q14:どうしたら感染を防ぐことができますか
 
A:主な感染経路は、母乳を介した母子感染、性行為感染、輸血による感染です。
1. 母子感染 HTLV-1に感染しているお母さんから子どもへの感染は、主に母乳中に含まれるHTLV-1に感染したリンパ球が赤ちゃんに取り込まれることによっておこります。断乳などをしない場合、その頻度は約20%といわれています。母乳からの感染を防ぐには、断乳して育児用ミルクを与える、3カ月以内の短期間の母乳栄養を行う、24時間以上冷凍した後、解凍した母乳を与えるという方法が有効とされています。
2. 性行為感染 パートナーからの感染は、主に精液中に含まれるHTLV-1感染リンパ球が原因と考えられています。特に、長期間にわたって性交渉を持つ夫婦間に多いといわれています。感染予防にはコンドームの使用が有効です。


Q15:夫(妻、パートナー)がキャリアです。性行為でも感染すると聞きましたが、感染を防ぐことはできますか。また子どもをつくることはできますか

A:
HTLV-1は性交渉を通じても感染します。特に長期間にわたって同じ人との性交渉が続く夫婦間での感染が多いようです。夫婦間で感染がどのくらいの頻度で起こるかについては明確なデータはありません。夫婦間で感染しても、成人してからの感染で成人T細胞白血病(ATL)が発症したという報告はありません。しかし低率ですがHTLV-1関連脊髄症(HAM)やぶどう膜炎はみられることがあります。性交渉による感染は理論的にはコンドームを使用することで防ぐことができると考えられます。 妊娠・出産は可能です。妊娠を希望する場合は、通常の性交渉を行ってください。


Q16:白血病(ATL)の発症率が高くないのに、なぜ予防が必要なのですか

A:一人一人のキャリアがATLを発症する可能性は決して高くありませんが(約5%)、逆をいえば、一定の割合で発症する可能性があるのです。ATL以外にもHAMという神経難病を起こす可能性もわずかながらあります。ATLやHAMは現在のところ治療が難しい難病です。将来の病気の危険性を減らすためには、感染予防対策が最も有効とされています。みんなで協力し合って予防することで、このウイルスはだんだん減少し、最後には撲滅も可能となるので、予防が最大の治療法といえます。


Q17:以前、輸血を受けたことがあります。感染している可能性はありますか

A:
1986年以降に輸血を受けた方は、献血されたすべての血液に対してHTLV-1検査が行われているので、感染の心配はありません。しかし、それ以前に輸血を受けた場合は、確率は低いですが、感染している場合があります。詳しくは保健所などの相談窓口にお問い合わせください。

目次に戻る

 

イベント情報 Q&A 用語の解説 説明資料のダウンロード 相談窓口サイトの運営者 利用規約 関連リンク 本サイトへの掲載依頼公的支援