Q&A

HTLV-1に関する情報Q&A―83個の質問に専門医が答えました―

目次
1. HTLV-1について[Q1~Q3]
2. ウイルスの検査について[Q4~Q6
3. HTLV-1の感染について[Q7~Q13]
4. 感染予防について[Q14~Q17]
5. キャリアについて[Q18~Q30]
6. 妊婦健診でのHTLV-1抗体検査について[Q31~Q36]
7. 母子感染と感染予防について[Q37~Q40
8. 妊婦がキャリアの場合の授乳方法について[Q41~Q54]
9. キャリアの子どもについて[Q55~Q62]
10. 乳幼児期のキャリア児の管理について[Q63~Q68]
11. HTLV-1によっておこる病気について(ATL、HAM、HU)[Q69~Q82]
12. 患者会やキャリアの会について[Q83]


6. 妊婦健診でのHTLV-1抗体検査について
Q31:なぜ妊婦健診でHTLV-1抗体の検査を行うのでしょうか
Q32:検査にどれくらい費用がかかりますか
Q33:妊婦健診でHTLV-1検査を受ける場合は、いつごろ検査をするのがよいですか
Q34:前回の妊娠時の検査でHTLV-1は陰性といわれましたが、今回も検査は必要ですか
Q35:健診でHTLV-1抗体が陽性といわれました。どうしたらよいでしょうか
Q36:HTLV-1キャリアといわれましたが、無事に出産できるのでしょうか

 


Q31:なぜ妊婦健診でHTLV-1抗体の検査を行うのでしょうか
 
A:妊婦の方が、HTLV-1キャリアであるかどうかを調べ、もしキャリアであることが分かった場合に、適切な予防対策を行うことにより、母親から子どもへの感染をできるだけ防ぐことが目的です。将来ATLを発症する危険性があるのは、子どもの時、HTLV-1に感染した場合です。輸血による感染がほとんどなくなった現在、子どもへの感染は主として母乳によるものです。キャリアの母親が母乳栄養をすると5人に1人の確率で、子どもへの感染がおこります。人工栄養に替えることによって、この母子感染の危険性を30~40人に1人の確率に下げることができます。このことから、妊婦健診等の場で血液検査を受け、キャリアであることがわかった妊婦の方には、母子感染を防ぐための適切な栄養方法(粉ミルクでの人工栄養、3ヶ月までの短期母乳哺育、凍結母乳哺育)について、どのように行うかを決定していく必要があります。このことでその子どもの感染を防ぐことができる可能性があります。感染しなければ、将来、ATLになる危険性をゼロにすることができ、また、その子どもからその次の世代へのウイルスの伝達も防ぐことができます。


Q32:検査にどれくらい費用がかかりますか

A:
妊婦健診でHTLV-1抗体検査を受ける場合は、原則公費負担(自己負担なし:無料)で受けられます。


Q33:妊婦健診でHTLV-1検査を受ける場合は、いつごろ検査をするのがよいですか

A:妊娠30週頃までに検査することをおすすめします。分娩直前に検査しますと十分な説明ができない可能性があります。また妊娠初期に検査を実施する場合は、妊婦の精神状態が安定していないことがあり、注意が必要です。


Q34:前回の妊娠時の検査でHTLV-1は陰性といわれましたが、今回も検査は必要ですか

A:
前回妊娠時のHTLV-1抗体検査が陰性だった人でも、今回の検査で陽性になる可能性があります。妊娠のたびに毎回、HTLV-1抗体検査を受けた方が良いでしょう。


Q35:健診でHTLV-1抗体が陽性といわれました。どうしたらよいでしょうか

A:
まずは確認検査が必要になります。健診でのHTLV-1抗体検査はスクリーニング検査(拾い上げを目的にする検査)のため、抗体検査で陽性と判定された方の中に、確認検査(診断の確定を目的にする検査)では陰性(感染していない)となる方が含まれているからです。詳しくは、主治医や助産師にお尋ねください。


Q36:HTLV-1キャリアといわれましたが、無事に出産できるのでしょうか

A:
HTLV-1感染が妊娠・出産に悪影響をもたらすことはありません。HTLV-1が原因で赤ちゃんに奇形を生じたり、生まれた後に異常を起こすこともありません。出産も通常分娩と変わりなく行うことができます。

目次に戻る

 

イベント情報 Q&A 用語の解説 説明資料のダウンロード 相談窓口サイトの運営者 利用規約 関連リンク 本サイトへの掲載依頼公的支援