Q&A

HTLV-1に関する情報Q&A―83個の質問に専門医が答えました―

目次
1. HTLV-1について[Q1~Q3]
2. ウイルスの検査について[Q4~Q6
3. HTLV-1の感染について[Q7~Q13]
4. 感染予防について[Q14~Q17]
5. キャリアについて[Q18~Q30]
6. 妊婦健診でのHTLV-1抗体検査について[Q31~Q36]
7. 母子感染と感染予防について[Q37~Q40
8. 妊婦がキャリアの場合の授乳方法について[Q41~Q54]
9. キャリアの子どもについて[Q55~Q62]
10. 乳幼児期のキャリア児の管理について[Q63~Q68]
11. HTLV-1によっておこる病気について(ATL、HAM、HU)[Q69~Q82]
12. 患者会やキャリアの会について[Q83]


7. 母子感染と感染予防について
Q37:なぜ母乳で感染するのでしょうか
Q38:赤ちゃんにウイルスをうつさない方法がありますか
Q39:母乳を与えなければ、HTLV-1の母子感染は防げますか
Q40:子宮内感染や産道感染の可能性もあるならば、母乳を与えてもよいのではないですか

 


Q37:なぜ母乳で感染するのでしょうか
 
A:HTLV-1が人に感染するメカニズムとして、HTLV-1に感染したリンパ球が、生きたまま大量に赤ちゃんの体内に入ることが、感染が成立するひとつの条件になります。母乳の中にはリンパ球が多く含まれており、赤ちゃんが母乳を飲むことにより、たくさんのリンパ球を体内に取り込むことになります。母親がHTLV-1に感染している場合、母乳の中のリンパ球の一部にHTLV-1に感染したリンパ球が含まれているため、母乳を飲んだ赤ちゃんに感染する恐れがあるのです。 これまでの研究で、生後4か月間以上母乳を飲ませ続けた場合、赤ちゃんの5~6 人に1 人がHTLV-1に感染することが知られています。


Q38:赤ちゃんにウイルスをうつさない方法がありますか

A:
赤ちゃんへの感染予防で最も効果的な方法には、直接母乳を与えない、もしくは短期間(3か月以内)に限って与える、一度冷凍した母乳を与えるという方法があります。これにより、赤ちゃんへの感染の確率が約1/6に減少します。しかし、これらの方法をとったとしても母子感染が完全に防げるというわけではありません。十分に説明を聞いていただいたうえで、授乳をどうするかは、母親(あるいは両親)の意志で決めることになります。詳しくは産科の主治医等にご相談ください。


Q39:母乳を与えなければ、HTLV-1の母子感染は防げますか

A:HTLV-1に感染していることが分かった場合は、母子感染を防ぐために授乳について相談することが必要です。これは母子感染の大部分が母乳を介しているからです。母乳中にHTLV-1に感染した細胞が含まれているために、生後4か月間以上母乳を飲ませ続けた場合、赤ちゃんの5~6人に1人が感染(感染率15~20%)することが知られています。 対策として、1. 授乳をしないで、人工栄養(粉ミルク)を与える、2. 短期間(3か月以内)のみ授乳する、3. いったん、家庭用の冷凍庫で24時間以上凍らせた母乳を解凍してから哺乳ビンで与える、などの方法があります。 上記の栄養法を選択すれば、いずれの場合でも母子感染の割合を30~40人に1人の確率に減らすことができます。しかし、母乳を一滴も与えないで、完全人工栄養を行った場合でも約3%程度感染がおこります。この原因は明らかになっていません。


Q40:子宮内感染や産道感染の可能性もあるならば、母乳を与えてもよいのではないですか

A:
子宮内感染や産道感染の可能性はあるものの、その割合は非常に少ない(約3%)と考えられています。子どもへの感染や将来病気になる可能性をより低くするためには、授乳の方法に工夫が必要です。医師、保健師等に相談しつつ、総合的に判断しましょう。

目次に戻る

 

イベント情報 Q&A 用語の解説 説明資料のダウンロード 相談窓口サイトの運営者 利用規約 関連リンク 本サイトへの掲載依頼公的支援